« 千駄木庵日乗一月三十日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月一日 »

2007年2月 1日 (木)

千駄木庵日乗一月三十一日

午後は諸雑務。

その後、父のお見舞い。

午後六時より、新宿区内にて、生長の家出身の同志の方々と懇談。

帰宅後、諸雑務。

                  〇

柳沢大臣の発言は失言です。失言は、本人が否定し、反省し、謝罪すれば済む問題であります。はっきり言って、あのくらいの発言は、誰でしてしまうことがあります。それを何時までも責め立てる野党とマスコミはどうかしています。

まして況や、これまで北朝鮮や共産支那や旧ソ連という敵性国家・侵略国家・独裁専制国家の手先となって日本國を破壊せんとしてきた共産党や社民党が、民主党や国民新党と一緒になって騒ぎ、安倍政権を窮地に追い込もうとすることは許せません。

綿貫元衆院議長は神主であり、保守政治家です。その人が福島瑞穂などという極左の女と一緒になって騒いでいる姿を見ると実に腹立たしいかぎりです。綿貫・亀井両氏は一体何を考えているのか。

ともかく、一昨日も書きましたが、民主・共産・社民連立政権樹立は日本にとって悪夢です。安倍晋三総理が如何に期待はずれのことを言おうとも、野党による政権奪取は阻止しなければなりません。

|

« 千駄木庵日乗一月三十日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月一日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/13737953

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗一月三十一日:

« 千駄木庵日乗一月三十日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月一日 »