« 千駄木庵日乗一月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月三日 »

2007年1月 3日 (水)

千駄木庵日乗一月二日

午前は、根津神社に初詣。

その後、皇居に赴き新年参賀。聖壽万歳を謹唱し奉る。実に多くの方々が列を成して皇居を訪れていた。

親戚の家に年賀。

夕刻、父のお見舞い。

夜は、諸雑務。

             〇

昨日、皇居において「新年祝賀の儀」が行われ、天皇皇后両陛下が宮殿において、皇族方と共に、内閣総理大臣なとの三権の長や各国大使から挨拶を受けられた。この様子をテレビで拝見すれば、「日本は立憲君主国ではない」とか「天皇は元首ではない」などという意見が如何に間違った考え方であるかが、文字通り火を見るよりも明らかとなる。

「内閣総理大臣が元首である」などという意見は全く間違いである。総理以下全国務大臣はその名称の通り、天皇陛下の臣下である。天皇によって認証され任命される人が天皇より上の「元首」であるはずがないではないか。

以前、後藤田正晴は新聞記者の質問に答えて、「大臣という呼称がおかしい。いったい誰の臣下ですか」などとほざいた。内閣副総理までつとめた「保守政治家」であるはずの後藤田は、「天皇は君主でも元首でもあらせられない」という國體否定に直結する不敬不忠の思想を持っていたのである。こんな男が日本の警察や国政を牛耳っていたから、日本がおかしくなったのである。後藤田のような政治家・権力者は、社民・共産よりもタチが悪い。権力の中枢にいて内側から日本國體を破壊しようとしたのである。

                〇

明日より数日間、関西方面に赴きます。伊勢参宮などのためです。その間、「千駄木庵日乗」はお休みします。帰京後、まとめて執筆致します。

 

|

« 千駄木庵日乗一月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月三日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/13313779

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗一月二日:

« 千駄木庵日乗一月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月三日 »