« 千駄木庵日乗一月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月六日 »

2007年1月 6日 (土)

千駄木庵日乗一月五日

朝、宿舎を出発。嵯峨に向かう。渡月橋を渡りて、法輪寺参拝。

臨済宗大本山天龍寺(後醍醐天皇の菩提を弔うために足利高氏が創建)参拝。嵯峨野を散策。野宮神社(伊勢の神宮にお仕えする皇女=斎宮が身を清められたところに建つ神社。御祭神は天照大御神)参拝。落柿舎(向井去来旧居跡)を訪れし後、第九九代後亀山天皇嵯峨小倉陵に参拝。後亀山天皇は後村上天皇の皇子にして後醍醐天皇の皇孫にあたられる。後亀山天皇は足利義満の和睦奏請を嘉納され南北朝の和議が成立した。御陵に近い大覚寺にて崩御された。そして大覚寺(大覚寺統即ち南朝ゆかりのお寺。嵯峨天皇の離宮だったが真言宗の寺院となった)に参拝。ただし、南朝・北朝という言い方は正しくはないという意見がある。所謂吉野朝廷のみが正統であり、「北朝」という朝廷はあり得ないとするのである。一理あると思う。

今回の嵯峨めぐりは色々勉強になりました。詳しくは、「政治文化情報」で報告します。

夜は、国枝克一郎京都市議主催の京都の同志の方々との勉強会。山本博元上海復旦大學教授及び小生が講義。

|

« 千駄木庵日乗一月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月六日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/13357109

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗一月五日:

« 千駄木庵日乗一月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月六日 »