« 千駄木庵日乗一月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十日 »

2007年1月10日 (水)

千駄木庵日乗一月九日

午前より原稿執筆。

夕方父のお見舞い。

夜も原稿執筆。

                 〇

山﨑拓氏が訪朝したという。一体何をしに行ったのであろうか。安倍総理など政府首脳はまったく歓迎していない。政府の正式代表ではないのだから、山崎氏が北朝鮮に対して何を要求し何を約束しても、まったく効力はないし、効力を持たせてはならない。山崎氏は、日本の防衛族の一人といわれているが、核武装には絶対反対の立場をとっている。歴史問題・靖国問題・対支那問題でも、その姿勢は軟弱である。小泉氏と盟友関係にあるとかで、今回の訪朝は、小泉氏の意向を受けたものだと言う人もいる。しかし、変態と変人とが仲か良いかどうかは知らないが、胡散臭い政治家がテロ国家・無法国家に行って何をしでかそうとしているのか、まったく困ったことである。もう総理総裁の芽はなくなったといわれる山崎氏が、おのれを復権の為に北朝鮮問題を利用しようというのなら絶対に許せない。

|

« 千駄木庵日乗一月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/13413470

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗一月九日:

« 千駄木庵日乗一月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十日 »