« 千駄木庵日乗十二月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十一日 »

2006年12月21日 (木)

千駄木庵日乗十二月十九日

午後一時半より、ある会合にてスピーチ。

その後、入院中の父を見舞う。

午後六時半より、豊島区立地域文化創造館にて『万葉古代史研究会』開催。小生が萬葉集巻十三の作者未詳歌を講義。

帰宅後、明日行われる『萬葉會』における講義の準備。

                〇

青島幸男氏が亡くなった。死者に鞭打つのは良くないと言われるが、この人ばかりは批判せずにはいられない。現代日本を駄目にした人物十人の内に入るのではないか。彼は、高度成長期・昭和元禄と言われた時代にテレビで活躍し、一億総白痴化の推進者となった。無責任時代・C調などという俗語を作り出し、日本人の真面目さ・勤勉さを揶揄し破壊した人物である。そしてタレント議員としてマスコミ受けする体制批判の姿勢をとった。しかもそれは確固とした政治信条や理念に基づくものではなく、ただマスコミ受け・大衆受けしたいがためのものであった。何よりも許せないのは、三島由紀夫氏の自決に対してここに書くことも憚られる言葉で罵詈讒謗誹謗中傷を行ったことである。私は大橋巨泉や青島幸男はテレビ時代が生んだ社会・共産両党の政治家よりタチが悪い非日分子と思っている。

|

« 千駄木庵日乗十二月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十一日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/13145771

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月十九日:

« 千駄木庵日乗十二月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十一日 »