« 千駄木庵日乗十二月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十六日 »

2006年12月26日 (火)

千駄木庵日乗十二月二十五日

午後は、年賀状作成。

夕刻、父のお見舞い。

夜は地元の忘年會。

帰宅後、年賀状作成。

               〇

もうすぐお正月ですが、お正月には、地元の神社に初詣をするのが慣わしとなっています。東京下町には、まだ神社を中心とした地域共同体がのこっています。一時は、お祭りの時に神輿の担ぎ手がいなくて困ったという話も聞きましたが、最近は全くそういう事はありません。方々に神輿の會が作られていますし、町内にも神輿を担ぐ人も多くなっています。創価学会員や公明党の議員も神輿を担いだり、お祭りの行事の手伝いをするようになっているようです。それは結構な事と思います。

神社は、その地域をお守りくださる神様を祭っているのでありまして、氏神さまとか鎮守の神さまと言います。神道には難しい教義や独善的な教条はなく、天神地祇をお祀りする道が神道なのであります。それは太古より続いてきた日本人の道であります。それを敬神崇祖と申すのであります。一年中日本の何処かの神社で祭礼が行われています。まさに日本は神の国なのであります。

|

« 千駄木庵日乗十二月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十六日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/13203066

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月二十五日:

« 千駄木庵日乗十二月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十六日 »