« 千駄木庵日乗十一月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十六日 »

2006年11月16日 (木)

千駄木庵日乗十一月十五日

午前中から諸雑務。

午後、父のお見舞い。

午後四時半より、青山の日本文化チャンネル桜にて、『日本の息吹』の収録。水島総氏、崎山茂子氏と鼎談。わたくしの活動経歴・尊敬する人物や影響を受けた人物などについて語り、且つ、いま最も訴えたい事について次のやうに話しました。

「謦咳に接し影響を受け尊敬する人物は、谷口雅春・中河與一両先生です。『萬葉集』は大学時代中西進先生の講義を受けました。好きな作家は、三島由紀夫と永井荷風です。衝撃を受けた事件は中学時代の浅沼事件、就職して一年目の楯の会事件でした。

日本国は建国以来、危急存亡の危機を何度か経験してきたが、天皇中心の國體を明徴化することによって、その危機を乗り切ってきた。現代の危機も絶対に乗り切ることができる確信する」と述べました。

放送は、今月二十三日午後七時より八時、再放送は二十四日午前七時より、二十七日午後四時からです。

                 〇

午後七時より、駒込地域文化創造館にて、『萬葉古代史研究会』開催。萬葉集作者未詳歌を講義。

帰宅後は、明日の萬葉集講義の準備。明日は、午後一時半より、豊島区立千早地域文化創造館にて、『萬葉會』が開催されます。

|

« 千駄木庵日乗十一月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十六日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/12703956

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月十五日:

« 千駄木庵日乗十一月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十六日 »