« 千駄木庵日乗十月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月七日 »

2006年10月 7日 (土)

千駄木庵日乗十月六日

終日在宅して資料整理など。

             〇

予算委員会で今日も、民主党をはじめとした野党による歴史問題を材料にした安倍総理追及が行われた。語り尽くされ、言い尽くされたことを蒸し返して、安倍氏を窮地に追い込もうとする野党の姿勢は全く許し難い。とりわけ岡田克也という男は、昭和殉難者をよほど犯罪者に仕立て上げたいらしい。ここであらためて言うまでもないが「A級戦犯」「戦争犯罪人」とは国際法を無視した無法な報復劇である「極東国際軍事裁判」における呼称である。岡田克也は、「戦争責任」と「戦争犯罪」を混同している。全く無知蒙昧の輩と言う他はない。この事に関する総理の答弁は正しかった。

韓国・共産支那訪問直前の安倍総理を、わが国と両国との間で外交問題になっている事柄で責め立てるのは、まさに利敵行為である。また、政府攻撃のためなら手段を選ばない民主党・共産党のやり方に怒りをおぼえる。

国民新党の亀井氏が、「教育基本法改正で、公明党は創価学会の意向を受けて『国を愛する心』を『態度』に変えるように主張したのではないか」と言ったら、ふだん温厚な冬柴氏が妙に興奮して、大声で「撤回しろ」と息巻いた。最大の支持団体の意向を汲むのは政党として当然なのに、何であんなに怒ったのか。創価学会政治部と思われるのが余程いやなのか、それともあのように反論しないと学会から怒られるのか、どちらかであろう。

|

« 千駄木庵日乗十月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月七日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/12179508

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月六日:

« 千駄木庵日乗十月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月七日 »