« 千駄木庵日乗十月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月九日 »

2006年10月 9日 (月)

千駄木庵日乗十月八日

終日在宅して明日の講演の準備。

明日は三潴修学院主催の「皇學祭」で講演させて頂きます。詳しくは本ホームページの活動予定欄をご覧下さい。

三潴修学院は、憲法学者の故三潴信吾先生が設立された研究団体です。三潴信吾先生は、戦後の憲法学者の中で、日本の伝統精神に立脚した憲法論を展開した最高峰の方と言っても過言ではありません。また国学者・神道学者・哲学者でもあられました。わが國の神道思想や伝統的法思想を継承されていたことは勿論ですが、欧米の法哲学にも通暁され、実に深みのある学説を展開されました。先生の御著書『日本憲法要論』は、読めば読むほど学ぶべきところが多く、小生の座右の書であります。

私は、三潴先生を囲む勉強会でありました『薫風会』に参加させて頂いて以来、晩年の十年間ほど色々ご指導を頂きました。『憲法懇話会』という勉強会には、憲法の素人である小生にも参加の機会を与えていただき、いろいろ学ばせて頂きました。『憲法懇話会』は先生がお亡くなりになった現在も続いております。

明日は『天皇の大御心と尊皇精神』と題して話させて頂きます。お時間がある方はどうかご参加下さい。はなはだ僭越でございますが、皇室典範改正問題・歴史問題・靖国神社問題などの根底にある臣下国民の尊皇精神について話させていただきたく存じます。

|

« 千駄木庵日乗十月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月九日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/12205604

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月八日:

« 千駄木庵日乗十月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月九日 »