« 千駄木庵日乗十月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十六日 »

2006年10月16日 (月)

千駄木庵日乗十月十五日

終日在宅して書状執筆と諸雑務。

              〇

南野知恵子元法相は、法相時代、野党からはずん分いじめられましたが、なかなか好感の持てるご婦人だったと思います。南野さんは助産婦さんでした。人の命の誕生を助ける大切なお仕事をされていた方です。その方が有体に言って人の命を断つ命令である「死刑命令書」にハンコを押さなければならない法務大臣になつたというのは何とも皮肉な話です。

私は死刑廃止論者ではありませんが、いくら役目とはいえ、人の死を命令する仕事というのはやはり誰もやりたくないと思います。死刑が確定し、以前も書きましたが、冤罪の恐れも全くなく、再審請求もない場合は、ある一定期間になれば誰が命令しなくとも、執行できるというシステムにすべきと思いますが如何でしょうか。そんなシステムにしても実際に死刑を執行する刑務所の職員はどうなると言われそうです。あまりに感傷的な意見でしょうか。

|

« 千駄木庵日乗十月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十六日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/12301814

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月十五日:

« 千駄木庵日乗十月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十六日 »