« 千駄木庵日乗十月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月二十一日 »

2006年10月21日 (土)

千駄木庵日乗十月二十日

終日在宅して父のお世話及び「政治文化情報」発送準備など。

                   〇

「戦後教育」は、「平和」「人権尊重」「生命尊重」「個の尊重」を最高の価値として推しいただいてきた。「国を愛する心」とか「国を守るために戦う」という思想を忌避し否定して来た。「利害関係を超えた真の信頼関係」「自己放棄の尊さ」という道義心が失われた。これが今日の道義頽廃・教育荒廃の根本原因である。「生命の尊重」が最高の価値とされ、「平和・人権・個」の尊重が謳歌されている今日の日本において、戦前どころか有史以来見られなかった凶悪にして残忍な犯罪、殺人事件が多発している。「戦後教育」なるものを徹底的に払拭しなければ、道義の頽廃を是正することはできない。「教育基本法」という法律を改正すれば万事が解決するとは思わないが、改正しないよりはましである。伝統を尊重し、国を愛する心、皇室に対する尊敬する心、親を敬う心は、わが國の伝統的な倫理精神である。それを養うことがなにより大切である。

|

« 千駄木庵日乗十月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月二十一日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/12359047

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二十日:

« 千駄木庵日乗十月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月二十一日 »