« 千駄木庵日乗十月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十四日 »

2006年10月14日 (土)

千駄木庵日乗十月十三日

午前中より、原稿執筆。

午後三時より、平河町にて、「真正保守の會常任幹事会」開催。小田村四郎会長を中心に討議。

午後六時より、九段會館にて、「司法の歪みを糾す決起集会」開催。主催者側として参加したため、メモがとれませんでした。

                 〇

少し古い話になりますが、かつて小泉首相が「自衛隊が派遣されたところが非戦闘地域だ」と言った事があります。私は迷言にあらず、名言であると思います。わが國の軍は皇軍といはれ、兵士は神兵といわれました。わが皇軍が行くところ神の御稜威によって戦闘がおさまり平和となるというのが本来の姿であります。神武建国史をみても明らかな如く、刃に血塗らずして、天下を平定するのがわが皇軍であります。小泉氏はこういうことを意識して言ったのではないでしょうが、真の世界平和の達成は、まさに、全てを神と拝ろがむ日本伝統精神がその原基となるのであります。「愛国行進曲」に「四海の人を導きて正しき平和打ち立てん」と歌われているとおりであります。

|

« 千駄木庵日乗十月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十四日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/12273881

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月十三日:

« 千駄木庵日乗十月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十四日 »