« 千駄木庵日乗九月に十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十三日 »

2006年9月23日 (土)

千駄木庵日乗九月二十二日

終日在宅して、原稿執筆、父の介護など。

              〇

都立高校などの入学式で国旗に向った起立と国歌斉唱を義務付けた東京都教育長の通達と学校長の職務命令は、「思想・信条の自由を侵害し、職務命令による強制は違憲」との判決を、東京地裁の難波孝一裁判長が下した。

難波裁判長は判決文で「日の丸、君が代は第二次世界大戦が終わるまで軍国主義思想の精神的支柱だったのは歴史的事実」と述べている。かかる偏向し根本的に誤れる思想を抱いている裁判長の判決には一切正当性は無い。断じてこのような判決を認めるべきではない。

公立学校において、国歌と国旗に敬意を表する教育を行うのは当然のことである。思想・信条の自由とはまったく別次元のことである。そもそもこういう訴訟を起こす連中は、日本國を顛覆せんとする革命勢力である。彼らの祖国は北朝鮮であり旧ソ連であり共産支那である。それらの国々こそ、國民の思想信条の自由を残虐に踏み躙っている国である。

「強制は違憲である」などと言うが、強制がなければ教育は成り立たない。第一、生徒に毎日登校させるのも強制である。漢字を覚えさせるのも強制である。教育は強制によって成り立っている。日本国民として一人前にするための学校教育において、国歌斉唱と国旗掲揚を義務付け、その時起立し歌うことを教師が率先して行い、生徒に模範を示すことは、教育上絶対に必要なことである。これを違憲だなどというのは、国家顛覆を狙った革命思想であり、かかる破壊思想・革命思想を抱く裁判官や教師はその資格を剥奪すべきである。

|

« 千駄木庵日乗九月に十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十三日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/12000694

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月二十二日:

« 千駄木庵日乗九月に十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十三日 »