« 千駄木庵日乗九月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月八日 »

2006年9月 8日 (金)

千駄木庵日乗九月七日

午前は、父の介護のことで医療機関を訪問、相談。

午後は、湯島の旧岩崎邸庭園見学。

              〇

一昨日は、三菱史料館を見学しましたが、今日は、三菱創立者・岩崎家本邸を見学しました。岩崎家及び三菱財閥の歴史は、わが国近代資本主義の歴史と重なります。また、旧岩崎邸の歴史は、日本近代史そのものと重なります。

岩崎邸のあるところは、江戸時代は越後高田藩・榊原氏の江戸屋敷でした。榊原氏は三河以来の徳川家康の臣で、徳川四天王といわれた榊原康政を祖とする越後高田藩主。明治維新後、榊原氏の江戸屋敷は、戊辰戦争の勝者・薩摩の桐野利明の屋敷となりました。そして西南の役の後、三菱財閥の岩崎弥太郎のものとなりました。そして大東亜戦争後、アメリカ占領軍に接収され、米諜報機関のキャノン機関が置かれました。接収解除後、何故か国有財産となり最高裁の司法研修所などに使われて来ました。

このように、旧岩崎邸は、明治維新・西南の役・敗戦・独立というわが國の変革と動乱の歴史を刻んだ建物と庭園であります。特に、戦後の接収時代には、不気味な歴史が刻まれているようです。近所の子供がキャノン機関時代に庭園にもぐりこんだら、アメリカ人が射撃練習をしていたという話を聞いたことがあります。

私の住む文京区にある歴史的建築物・岩崎邸の歴史については、もう少し調べて一文を書きたいと思っています。

帰宅後は、資料整理。

|

« 千駄木庵日乗九月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月八日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/11803857

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月七日:

« 千駄木庵日乗九月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月八日 »