« 千駄木庵日乗九月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十三日 »

2006年9月14日 (木)

千駄木庵日乗九月十三日

終日在宅して原稿執筆。

              〇

『聖教新聞』など創価学会の機関紙誌を読んで思う事は、よくまあこれだけ毎日毎日池田大作氏をほめちぎることができるということです。一番驚くのは池田氏をガンジーやキング牧師と同列に扱って展覧会を開催している事であります。噴き出したくなる珍事です。その一方で、竹入義勝氏や阿部日顕氏に対する罵詈雑言・誹謗中傷を毎日毎日書き連ねています。その憎悪の激しさ・執念深さは異常です。創価学会の会員はこれを何とも思わないのでしょうか。部外者から見ると全く異様としか思えません。この宗教の異常さを実感します。一人一人の学会員は普通の庶民なのですが、こういう洗脳教育を受けている事は事実です。そしてその教団の政治部と言っていい公明党が政権に参加しているのです。自民党もそろそろ独り立ちすべきです。そもそも創価学会公明党を最初に政権に参加させ権力内部に取り込んだのは小沢一郎です。その責任はきわめて大きいと思います。

|

« 千駄木庵日乗九月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十三日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/11885389

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月十三日:

« 千駄木庵日乗九月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十三日 »