« 千駄木庵日乗九月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十九日 »

2006年9月19日 (火)

千駄木庵日乗九月十八日

終日在宅して原稿執筆・「政治文化情報」発送準備など。

             〇

靖国神社の「遊就館」の展示内容について、色々な議論が起っています。その中に「大東亜戦争がアジア解放戦争だという主張はアメリカとの同盟関係に悪影響を及ぼす」という主張があります。

しかし、歴史観が全く一致していなければ、あるいは同盟相手の国の歴史観を全て受け容れなければ、同盟関係が結べないなどという事はあり得ません。どうも日本の政治家などには、外国へ追従することが友好関係であるという誤った考えを持っている人が多いようです。対共産支那土下座外交・対米追従外交はこうした事が原因になっていると思います。

「遊就館」については次号の「政治文化情報」で少し論じました。欧米列強がアジア・アフリカを侵略し植民地支配した事は歴史的事実であり、大東亜戦争が、欧米列強の植民地支配を終息に向わせたことも歴史的事実であります。この事を否定するような歴史観は誤りであります。わが國の歴史博物館・軍事史博物館が、わが國の立場に立った展示をするのは当然であり、外国から干渉されることではありません。このことはいずれ詳しく論じたく思います。

|

« 千駄木庵日乗九月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十九日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/11952361

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月十八日:

« 千駄木庵日乗九月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十九日 »