« 千駄木庵日乗九月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月に十一日 »

2006年9月21日 (木)

千駄木庵日乗九月二十日

午前中は父の介護。

午後一時半より、ある会合にてスピーチ。

午後六時半より、豊島区駒込地域文化創造館にて『萬葉古代史研究会』開催。萬葉集作者未詳歌を講義。

              〇

最近は。保守政治家といわれる人々の中にも、国体観・歴史観がまったくおかしい人が増えています。ゆえに、「真正保守」という言葉が出来ました。

真正保守とは、歴史と伝統の国日本、天皇國日本を護り、その真の姿を回復せんとする思想と行動であります。保守といわれる政治家や学者・文化人といわれる人々の中に、戦後体制下の日本=現状の日本を守るという意味の保守に堕している人がいます。そういう人々は似非保守というべきであります。

民族派・維新勢力と真正保守の姿勢に立つ人々とは思想的にはほぼ一致すると思います。しかし、この二つの立場にも違いがあると思います。真正保守運動をしている人々は、合法的にその目的を遂げようとしている人々であります。いわゆる右翼民族派は、時と場合によっては非合法の行動も辞さないし、実際にそういう行動をする人々の事である、と私は思います。如何でしょうか。

帰宅後、明日の萬葉集講義の準備。

|

« 千駄木庵日乗九月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月に十一日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/11977772

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月二十日:

« 千駄木庵日乗九月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月に十一日 »