« 千駄木庵日乗八月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十九日 »

2006年8月29日 (火)

千駄木庵日乗八月二十八日

午後は資料の整理。

夕刻、お世話になっている方のお見舞い。

夜は書状執筆など。

                〇

以前、シベリア抑留体験を持たれる運動の大先輩から聞いた話ですが、ディックミネという歌手がテレビで、「大東亜戦争で死んだ人々は、無駄死にであった」というような事を話したので、手紙を出して反省を求めたら、ディックミネ氏が直接電話をして来て、「今のテレビではああいうことを言わざるを得ないのです。申し訳ない」と率直に謝罪したそうです。

私がテレビのナツメロ番組を見ていましたら、司会のコロムビアトップが、「戦時中は暗黒時代だった」というような事を言ったら、伊藤久男氏が、「私は昔の方が良かったね。あの頃は国の爲に歌うという目的があった。いまは金の為に歌っているんだ」と言っていました。伊藤氏は時代に迎合しない立派な歌手だと思いました。

今日ナツメロ番組を見ていてこうした事を思い出しました。戦前戦中は暗黒時代というのは明らかに誤りです。

|

« 千駄木庵日乗八月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十九日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/11659079

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月二十八日:

« 千駄木庵日乗八月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十九日 »