« 千駄木庵日乗八月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十八日 »

2006年8月18日 (金)

千駄木庵日乗八月十七日

午後一時半より、豊島区千早地域文化創造館にて、『萬葉會』開催。小生が、天武天皇御製を講義。混迷と危機の時代にこそ、日本の古典を学ぶことが大事である思います。原点への回帰が現状の打開につながるのです。復古即革新=維新であります。

夕刻、一水会事務所訪問。木村三浩代表と懇談。

帰宅後、深夜まで『政治文化情報』九月号発送準備。

             〇

今日も忙しい一日でした。「私に足りないものは、時間とお金です」などと言うと大変キザに聞こえますが、これは全く本当のことです。何とかならないものかと思っております。

数日前、東電の送電線が切れて大規模停電が起りました。江戸川の上を通る送電線が切れただけであのようになるという事、そして、船のクレーンが引っかかっただけという事を知って驚きました。もしも、敵性国家の工作員やわが国内の反体制分子が、首都を混乱に陥れようとして、各所の送電線を切断したらどうなるのでしょうか。また変電所を襲撃したらどうするのでしょうか。危機管理ということが随分前から言われていますが、本当に心配になります。

|

« 千駄木庵日乗八月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十八日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/11487744

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月十七日:

« 千駄木庵日乗八月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十八日 »