« 千駄木庵日乗八月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十七日 »

2006年8月17日 (木)

千駄木庵日乗八月十六日

午後一時より、赤坂にて、ある評論家の方と靖国神社・歴史問題等について懇談。木村三浩氏と共なり。

午後三時より、衆議院第二議員會館にて、『時局戦略懇話会』開催。当面する諸課題について討議。

              〇

激動の時代とは今日の事と思います。ロシアの行為は全く許し難いことです。そもそも北方四島はわが国固有の領土であります。今回のことは、わが國の内海において、侵略者が我が国民を射殺したのです。わが國がイスラエルやアメリカのような國であったなら、今頃は、徹底的な軍事的報復を断行しているでしょう。水晶島は言うに及ばす、北方四島に報復攻撃を敢行し、奪われた領土を奪還しているでしょう。

南は尖閣、西は竹島、北は北方領土という深刻な領土問題を抱えています。昨日はナショナリズム興起について書きましたが、否応なくそういう時代に突入しているのだと思います。

軍事力で全てが解決するとは思いませんが、軍事力の背景の無い外交は無力です。また、国民一人一人に祖国防衛意識と愛国心が確立されていなければなりません。

小泉内閣最後の大仕事は、まさに対露制裁であります。小泉総理・麻生外相・安倍官房長官に、大いに期待したいと思います。また政治家だけに任せず、われわれ国民もしっかりと対応すべきと思います。

|

« 千駄木庵日乗八月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十七日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/11472269

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月十六日:

« 千駄木庵日乗八月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十七日 »