« 千駄木庵日乗八月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十三日 »

2006年8月23日 (水)

千駄木庵日乗八月二十一日

午後、知人と懇談。お世話になっている方のお見舞い。

夜は資料整理・書状執筆など。

             〇

台湾での大相撲が大盛況で、官民挙げての歓迎を受けました。台湾は、アジア、否、世界の中でもっとも親日的な國であります。

私がはじめて台湾を訪問したのは昭和四十年代後半でした。蒋介石総統存命中で国民党独裁政権下でした。しかし、酒場に行くと、日本の歌曲、特に渡辺はま子さんの『いとしあの星』『夜来香』など「なつメロ」ばかりが演奏されていました。支那という言葉は禁句だと言われていましたが、私が酔いにまかせて『支那の夜』を歌ったら、台湾の方々から拍手喝采を受けました。

日本相撲協会が台湾巡業を行った事を高く評価します。それと比較して『NHKのど自慢』が台湾で行なわれないことに大きな疑問を覚えます。日本語世代が次第に少なくなっていますが、日本の歌謡曲を愛する台湾の人々は非常に多いのです。ある台湾人の家を訪問した時、「紅白歌合戦」のビデオを見せてくれたことに驚きました。もう二十数年前のことです。

NHKは共産支那を恐れることなく、『NHKのど自慢』台湾公演を実現させるべきです。

|

« 千駄木庵日乗八月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十三日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/11564678

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月二十一日:

« 千駄木庵日乗八月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十三日 »