« 千駄木庵日乗七月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月四日 »

2006年7月 4日 (火)

千駄木庵日乗七月三日

終日在宅して資料整理、書状執筆など。

民主党の小沢一郎代表が、菅直人代表代行、鳩山由紀夫幹事長とともに共産支那を訪問した。小沢氏は三日夜、唐家璇前外相と会談し、四日午後に、胡錦濤国家主席と会談するという。

小沢氏は、唐家璇との会談で、二日に発生した日本の排他的経済水域(EEZ)内での共産支那海洋調査船による事前通報のない調査活動に対して厳重に抗議を行なうべきであった。それが日本国の政治家としての役目である。然るにそれをせず、「中国との長い友好の歴史を踏まえ、今後も手を取り合って、協力関係を発展させなければならない」となどとオベンチャラを言ったのみであった。さらに小沢氏はいよいよ小沢民主党は「媚中政党」になり下がったようだ。

なぜ今この時期に、民主党の最高首脳三人がガン首を揃えて支那を訪問しなければならないのか。小泉総理の訪米などの外交活動に水をさすためとしか思えない。

わが國にとって今日敵対的な関係ある共産シナとの外交を権力闘争に利用するのは利敵行為である。それは元寇の時に、北条時宗から権力を奪おうとして、元に赴いて利敵外交を行なうのと同じである。小沢という人は権力奪取のためなら何でもする危険な政治家である。

|

« 千駄木庵日乗七月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月四日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/10780086

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月三日:

« 千駄木庵日乗七月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月四日 »