« 千駄木庵日乗七月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十一日 »

2006年7月21日 (金)

千駄木庵日乗七月二十日

午後一時半より、千早社会教育會館にて「萬葉會」開催。小生が、天武天皇御製などを講義。

帰宅後は、『政治文化情報』八月号発送準備。

             〇

昭和天皇が「昭和殉難者の靖国神社合祀に不快感を示された」という報道が行なわれています。

富田元宮内庁長官のメモをよく読みますと、所謂『A級戦犯』すべての合祀に『不快感』を示されたのではなく、松岡洋右元外相・白鳥敏夫元駐伊大使の合祀を問題視されたと拝します。

昭和天皇は、昭和五十年十一月の御参拝を最後に靖国神社に参拝しておられませんが、大祭の時には勅使を差遣されておられます。今上陛下も同じであります。『昭和殉難者が合祀されたから、天皇の靖国神社尊敬の御心がなくなった』とすることはできません。

富田元長官のメモは、本来公表を前提に書かれたものではないと思います。それを公にすることは、ご本人の御意志にそうことでしょうか。また何故この時期に公にされたのか、御遺族の意図も明らかにされる必要があると思います。

また、昭和天皇の大御心とは、こうした一個人の『メモ』によって示されるべきものではないと思います。「聞き書き」はあくまでも「聞き書き」であり、富田氏が「聞いて書いた文」であます。メモであり断片的なものであります。富田氏が作文したというのではありませんが、そこに書かれていることが、昭和天皇の絶対の大御心と拝することはできません。

昭和天皇の大御心は、崩御されるまで靖国神社に勅使を差遣されていた事に正しく示されていると拝します。

今回の報道により、昭和殉難者分祀論・無宗教の戦没者慰霊施設建設論が活発化すると思いますが、昭和天皇が靖国神社を否定されたのでないこと、昭和殉難者の合祀を全面否定されたのではないことを、主張していくつもりです。

|

« 千駄木庵日乗七月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十一日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/11036529

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月二十日 :

« 千駄木庵日乗七月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十一日 »