« 千駄木庵日乗七月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十八日 »

2006年7月17日 (月)

千駄木庵日乗七月十七日

終日在宅して、今週行なう「萬葉集」講義の準備。

十九日には『萬葉古代史研究会』、二十日には『萬葉會』が開催されます。詳しくは、ホームページの活動予定欄をご覧下さい。

「尊敬する政治家は誰ですか」と問われれば、私は躊躇なく「奥野誠亮先生」と答えます。去年の終戦記念日のお昼頃、靖国神社参拝に参拝しました。炎天下、多くの人々が並んでいてなかなか拝殿前まで行きつけなかったのですか、すでに九十歳を超えられている奥野誠亮先生がお一人で参拝に来ておられました。奥野先生の歴史観・政治姿勢は前々から立派だと思っておりましたが、そのお姿を見て本当に感激しました。

奥野先生は憲法問題や歴史観で正論を吐露され、靖国神社問題でも、正しい立場を堅持しれて來られました。先生は当然衆議院議長に就任されるべき方でしたが、就任されなかったのはそういう事が影響したのかと推察しています。

内務官僚として奥野先生の一年後輩であり同じような道を歩いてきた後藤田正晴は、奥野先生とは全く逆の政治的立場に立っていました。人それぞれとは申せ不思議なことです。

奥野先生の御長寿と御活躍を祈念します。

|

« 千駄木庵日乗七月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十八日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/10988122

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月十七日:

« 千駄木庵日乗七月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月十八日 »