« 千駄木庵日乗五月三日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月五日 »

2006年5月 5日 (金)

千駄木庵日乗五月四日

午後一時半、西日暮里駅に集合。『萬葉集』を共に学ぶ数人の方々と、日暮里・谷中散策に出発。西日暮里諏方台公園(加賀前田藩墓所跡)、諏方神社、延命院、経王寺、本行寺、谷中霊園、瑞輪寺、長安寺などを巡る。

谷中散策は歴史の勉強になります。経王寺は、上野戦争の戦場となり、山門には官軍の撃った弾痕が今も残っています。本行寺は、お寺ではありますが、物見櫓の役目も果たしていたようです。「陽炎や道灌どのの物見塚」という一茶の句碑があります。この寺は崖の上に建っており、大袈裟に言えば関東平野が見渡せます。延命院は、江戸時代に破戒僧が出た寺で、歌舞伎にも登場します。長安寺にある狩野芳崖の墓にはじめてお参りしました。芳崖は明治時代の画家で、「悲母観音」という作品が有名です。お墓の傍らに顕彰碑が建てられていました。碑文は、私の母校二松学舎の創立者・三島中洲先生(宮中顧問官)の撰です。谷中には、三島先生が碑文を書かれた碑が多くあります。書は日下部鳴鶴のものが多いようです。

谷中・根津・千駄木・日暮里は、近年テレビ・雑誌などでよく取り上げられるようになり、観光地と化しました。今日もよく晴れていたので、多くの人々が散策をしていました。

三崎坂を下り、千駄木駅に至る。お蕎麦を食し解散。

夜は、原稿校正、書状作成。

|

« 千駄木庵日乗五月三日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月五日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/9905084

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月四日:

« 千駄木庵日乗五月三日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月五日 »