« 千駄木庵日乗五月二十日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十二日 »

2006年5月22日 (月)

千駄木庵日乗五月二十一日

午後、目黒区立美術館にて開催中の「素顔の伊藤深水展」参観。水彩、スケッチを中心にした一七〇余点の作品が展示されていました。伊東深水は、大正・昭和期の日本画家で美人画を多く描きました。学生時代、新橋演舞場に新国劇をよく観に行った時、廊下に飾られていた深水の絵に惹かれました。

私は本当の美人が好きなのは言うまでもありませんが、美人画も好きです。鏑木清方の美人画も素晴らしいと思います。深水は清方の弟子です。

私は、政治問題で激しい論を書く事が多いので、たまに美術館や博物館を訪れますと、心がやすらぎます。私宅が上野に近いので、その点は恵まれています。練馬区や目黒区には区立の良き美術館がありますが、文京区にはありません。上野に近いからでしょうか。弥生美術館は私立です。

夜は資料整理。

「政治文化情報」六月号が出来上がりました。内容については、ホームページをご覧下さい。購読をご希望の方あるいは見本誌をご希望の方は、どうぞメールでお申し込み下さい。お待ちしております。

|

« 千駄木庵日乗五月二十日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十二日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/10180171

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月二十一日:

« 千駄木庵日乗五月二十日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十二日 »