« 千駄木庵日乗五月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十三日 »

2006年5月13日 (土)

千駄木庵日乗五月十二日

終日在宅して、『政治文化情報』六月号の原稿執筆。

福田康夫氏が訪米して、国務長官や国防長官と会談しました。日本のマスコミの問い掛けに福田氏は、「表敬訪問。四方山話」などと答えていました。激務をこなしている二人の長官が、政府閣僚でも自民党最高幹部でもない福田氏に、単なる表敬訪問・四方山話の為に時間を割くはずがありません。福田氏は何とも人を食ったことを言うものです。ブッシュ政権は、安倍氏よりも福田氏の次期総理就任を望んでいるのではないかと勘繰りたくなります。私は人柄的には福田氏は嫌いではないのですが、対支那外交姿勢と国立追悼施設建設推進派であることに大きな危惧を覚えます。

|

« 千駄木庵日乗五月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十三日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/10040012

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月十二日:

« 千駄木庵日乗五月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十三日 »