« 千駄木庵日乗五月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十四日 »

2006年5月14日 (日)

千駄木庵日乗五月十三日

終日在宅して書状作成・資料整理など。

「外交は華麗に礼装した軍事である」「外交は棍棒を持ちながらソフトにしゃべること」という言葉があります。やはり国家というものは、国軍を持たなければ駄目だと思います。わが国にも自衛隊は存在しますし、その能力は精強だと言われております。しかし、憲法上「国軍」と正しく規定されておりません。領土問題・資源問題・拉致問題など色々なことで周辺諸国から馬鹿にされ、なめられ、主権を侵害されっぱなしなのは、「日本は何をやっても報復できない、反撃して来ない」と思われているからです。現行憲法があるかぎり、「戦争」「武力の行使」を放棄しているのです。これでは何処の国とも対等な外交はできません。まして、共産支那や北朝鮮や韓国という無法国家とわたりあう事はできません。私は支那・朝鮮と即時開戦せよと言っているのではありません。国軍がなければまともな外交は出来ないと主張しているのであります。

|

« 千駄木庵日乗五月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十四日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/10054679

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月十三日:

« 千駄木庵日乗五月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十四日 »