« 千駄木庵日乗四月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月八日 »

2006年4月 8日 (土)

千駄木庵日乗四月七日

終日在宅して原稿執筆と書状作成など。

民主党の代表に小沢一郎氏が選出された。小沢氏は『政権交代』を強調しているが、政権交代だけが目的では駄目である。政権交代してどういう政治を行うのかを明確に示してもらいたい。民主党が政権を掌握した場合のプラス面は創価学会公明党が政権与党ではなくなることだけであろう。

小沢氏は自民党を飛び出た時から「改革」という言葉を繰り返しているが、彼の言う「改革」とは一体どういう事なのか明確ではない。石原慎太郎都知事は今日の記者会見で「小沢氏を評価していない」と明言した。しかし、民主党には小沢氏以外に党首になれる人物がいなかったのである小沢氏が「私自身も変る」と言ったことに対して、小泉総理は「人間はなかなか変らない」と言った。私もそう思う。

その意味でも、前原執行部の挫折は本当に残念であった。彼は「中国脅威論」をぶつなど期待できる人であった。

「挙党体制」と言うが、いまの民主党は国家基本問題(憲法・国防安保・教育・外交)で意見がバラバラである。すなわち、国政を担う政党としての理念・政策が確立していないのだ。こんな政党に政権を担う資格はない。もっとも自公連立政権も、国家基本問題で大きな違いがあるが…。

自民党左派、民主党左派、公明、社民で一つの政党をつくり、自民・民主の保守派で一つの政党をつくり、この二つの政党が政権を争うというのがあるべき姿である。

小沢氏が自民党内の権力闘争に敗れて、自民党を飛び出し、旧社会党・公明党・旧民社党・細川新党など政策も理念も全く異なる勢力と野合して細川内閣をつくって以来、日本の政治と経済は混乱したのである。小沢氏の罪は大きい。

小沢氏は、「近隣諸国との関係を改善したい」と言ったが、共産支那・南北朝鮮の内政干渉・軍事的脅威に対してどういう姿勢で臨むのかも明確にしていない。

というような次第で、私は小沢民主党に大きな期待は持てない。しかし民主党にも政策・理念がしっかりした真の保守・真の改革を目指す政治家がいる。そういう人々の奮起を望む。ここでは詳しく論じられないが、真の改革とは真の保守であり、真の保守とは真の改革なのである。

|

« 千駄木庵日乗四月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月八日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/9480171

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月七日:

« 千駄木庵日乗四月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月八日 »