« 千駄木庵日乗二月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二日 »

2006年3月 2日 (木)

千駄木庵日乗三月一日

いよいよ三月になりました。今日は、終日在宅して書状作成、資料整理。非常に多忙で、なかなか手紙を書く時間がなくて困ってゐます。折角頂いたお手紙のご返事も遅れがちになってゐます。申し訳ございません。

「一夫多妻男」といふ面白い言葉がマスコミに登場してゐます。「何々男」といふのは「偏屈男」「嘘つき男」「泣き男」「無責任男」といふやうに、余り良い意味では使はれない言葉です。

「一夫一妻男」が世の中の既婚男性の大半を占めてゐるわけです。しかし例外的に「一夫多妻男」も存在してゐるのです。小泉内閣総理大臣や小生は独身ですので、「一夫ゼロ妻男」あるいは「一夫無妻男」といふことになります。

これからマスコミは、既婚男性を「一夫一妻男」、独身男性を「一夫ゼロ妻男」と呼ぶのでせうか。

|

« 千駄木庵日乗二月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/8903185

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月一日:

« 千駄木庵日乗二月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二日 »