« 千駄木庵日乗三月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月十四日 »

2006年3月14日 (火)

千駄木庵日乗三月十三日

午後は原稿執筆。

午後六時より、都内で『九段下沙龍』開催。当面する課題、とくに政治家の皇室に対する誤れる姿勢・マスコミの劣悪なる皇室報道について討議。

在日米軍再編の中間報告に盛り込まれた厚木基地から岩国基地への空母艦載機移転の賛否を問う山口県岩国市の住民投票で、反対が賛成を大きく上回った。

TBSの「ニュース23」を見ていたら、筑紫哲也氏などは鬼の首でも取ったようにおおはしゃぎで、「住民の意志を尊重しろ」と言っていた。

米軍基地問題は、岩国市の下水道や道路や市立学校がどうしたこうしたという問題ではない。日本・アジアそして世界の安全保障・平和に関する問題である。岩国市民の意志だけで決定するべき事でない。したがって住民投票などを行うべきではない。

外国軍の基地が日本国内にあるのは本来あるべき姿ではない。しかし、日本が日本の軍事力だけで日本の独立・主権・安全を守ることができる体制になっていない以上、米軍基地が国内に存在するのは止むを得ない。

最近は、北朝鮮、共産支那の軍事的脅威が深刻になっている。浮ついた反米軍基地運動は、日本の独立と安全を根底から揺さぶる利敵行為である。

筑紫哲也氏などは基地反対キャンペーンをする前に、共産支那や北朝鮮の軍事的脅威をどうしたら跳ね除けることができるのかその具体策を国民に示すべきである。

|

« 千駄木庵日乗三月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月十四日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/9080835

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月十三日:

« 千駄木庵日乗三月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月十四日 »