« 千駄木庵日乗三月十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二十日 »

2006年3月19日 (日)

千駄木庵日乗三月十九日

午後、「政治文化情報」を発送しました。

その後、原稿執筆など。

             〇

北朝鮮が暴発するだの、しないだのという論議があるが、あの国はもともと何をするかわからない国であり、何時でも暴発する危険がある。わが国はそのための万全の対策を講じておくべきである。この万全の対策とは、北に金や食糧を出してご機嫌をとることではない。

「北朝鮮=金正日の暴発を防ぐために、食糧や物資やカネを出すべきだ」という考えはまったく間違っている。そんなことをするのは、「泥棒に追い銭」どころの話ではない。自分に襲いかかって来ようとする異常者に刃物を渡すようなものだ。

「人道支援」という言葉があるが、金正日政権を支援することは最も人道に反する行為である。経済援助や食糧支援によって金正日政権を延命させるべきではない。金正日政権が存続することによって、一年で数十万人の北朝鮮人民が飢死していくのだ。また、わが国の安全を根底から脅かす核爆弾や生物化学兵器が増産されるのだ。

北の独裁体制を打倒することを第一に考えねばならない。北朝鮮に住む人民の人権を蹂躙し続けるばかりでなく、餓死せしめている巨大な監獄国家が北朝鮮である。そのような地で呻吟して暮らしている拉致被害者を一刻も早く救出すべきである。

|

« 千駄木庵日乗三月十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二十日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/9167184

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月十九日:

« 千駄木庵日乗三月十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二十日 »