« 千駄木庵日乗二月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月十六日 »

2006年2月16日 (木)

千駄木日乗二月十五日

午後は、今夜の萬葉集講義の準備。

午後六時半より、南大塚社会教育会館にて、『萬葉古代史研究会』開催。巻十二・作者未詳歌を講義。

帰宅後は、明日の萬葉集講義の準備。

「天皇のお考へはどうでもいい。天皇は間違ったことは言はれないしされない。『大義のない勅命は勅命にあらず』。皇統の意志は男系の男子。政府が機能してゐない時ではないのに、御聖断を仰ぐべきではない。」と主張する人がゐるのには本当に驚きました。

天皇陛下が間違った事は、言はれないし、されないのですから、『大義のない勅命』をお下しになるはずはありません。

臣下・国民が「皇室典範」「皇位継承」について論議を沸騰させてゐるのに、またかかる発言をしたご本人は本まで出してゐるのに、「陛下のお考へはどうでもいい」「御聖断を仰ぐべきではない」などと言ふのはどう考へても納得できません。

わが国の歴史を顧みますと、臣下・国民が天皇のご意志を無視したり、否定したり、封じ込めたりした時、國は乱れ亡国の危機に瀕しております。

いかなる人の発言であらうとも、かかる発言は全く同意致しかねます。

本当に今日のわが国は危機にあると実感しました。

|

« 千駄木庵日乗二月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月十六日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/8682471

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木日乗二月十五日:

« 千駄木庵日乗二月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月十六日 »