« 日誌十二月十二日 | トップページ | 日誌十二月十五日 »

2005年12月15日 (木)

日誌十二月十四日

午後は、原稿執筆。

夕刻、あるテレビ局の取材を受けました。カメラやライトなどを持ち込み大変でした。

内容は韓国問題が主で、「韓流ブーム」や「ヨン様ブーム」についてどう思ふかとか、小泉総理の靖国神社参拝・憲法問題・國軍創設問題について聞かれました。小生の持論をとうとうと述べました。

「韓流ブーム」や「ヨン様ブーム」は、本当の日韓相互理解と友好とは無関係であらうと思ひます。かかることに熱中してゐるご婦人方が日韓関係史や外交関係を本当によく理解してゐるとはとても思へません。

日韓の心ある人々は、快く思っていないでせう。ただ、全否定することもありますまい。要するに大した問題ではないといふことです。

それよりも、日本統治時代を体験せず、反日教育のみで日本を理解したと思ってゐる世代が多くなって来てゐるのですから、韓国の反日感情はますます強まると思ひます。

その上、盧武鉉政権が北朝鮮との融和を図ってゐるのです。わが國の対韓外交はいきはめて難しくなると思ひます。日本の安全と平和と独立と主権を守りぬくことを第一として、朝鮮半島に対峙すべきであります。そのことを大前提とした日韓友好でなければなりません。

深夜まで原稿執筆と明日の萬葉集講義の準備。

|

« 日誌十二月十二日 | トップページ | 日誌十二月十五日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/7626827

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌十二月十四日:

« 日誌十二月十二日 | トップページ | 日誌十二月十五日 »