« 日誌十二月六日 | トップページ | 日誌十二月八日 »

2005年12月 8日 (木)

日誌十二月七日

午後は、お世話になっている方のお見舞ひなど所用で外出。

夜は、原稿執筆。

創価学会は、阿部日顕・竹入義勝・矢野絢也・山崎正友各氏などに対して、幹部総出で機関紙上で口汚く罵り続けてゐる。また、村上正邦・塚本三郎各氏らかつて学会批判を行った外部の人々に対しても、執念深く攻撃してゐる。そして、選挙に落ちたり、司直によって逮捕されたりしたのは、学会を批判したからだとなどと「オカルト」的な事を吹聴してゐる。

昨日付けの創価学会機関紙『聖教新聞』で、原田稔といふ副理事長が西村眞悟議員に対して「宗教弾圧の政治家は陰で悪事を働いている。そして最後は正体を現す」と論じてさんざんに攻撃し、挙句の果てに「(西村議員は)学会の政治参加についても口汚く罵り、誹謗・中傷を繰り返していた。まさに馬脚が現れた」などと述べた。

小生は、西村氏の支持者として、また、思想的同志として、西村氏の国会・マスコミ・そして色々な会合における発言を読んだり聞いたりしてゐるが、西村氏が、創価学会を「口汚く罵り、誹謗・中傷を繰り返していた」事など聞いた事も読んだ事もない。政治面・思想面で学会批判を行った事もあまりなかったやうに思ふ。むしろ、西村氏の父上の西村栄一氏は、民社党委員長時代、民社と公明党の協力関係を築いた人である。

原田氏は一体何時何処で西村眞悟氏が学会を「口汚く罵り、誹謗・中傷を繰り返していた」のを聞いたのであらうか。

そもそも、創価学会の批判者や脱会者に対する非難攻撃は常軌を逸している。特に、「地獄に堕おちる」だの「犬畜生だ」などといふ言辞は許されない。宗教教団の排他独善性・狂気性をもろに現してゐる。

創価学会を批判したり反旗を翻した人々に対して「地獄に堕おちる」などとわめき散らすこと自体、創価学会がオウムと大差のないオカルト教団だといふ事を証明する。そんなオカルト的にして反科学的な論理が通るのなら、北側議員が国土交通相になってから、福知山線の大事故や耐震強度偽装問題などが起ったのは、北側国土交通相が創価学会員だからだといふことになりはしないか。

池田創価学会・公明党のかかる体質が改善されることは不可能なのであらうか。今日の日本にとって、外側では共産支那、内側では池田創価学会といふ排他独善体質の国家・集団こそもっとも警戒しなければならない存在であると思ふ。

|

« 日誌十二月六日 | トップページ | 日誌十二月八日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/7519416

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌十二月七日:

« 日誌十二月六日 | トップページ | 日誌十二月八日 »