« 日誌十二月二十三日 | トップページ | 日誌十二月二十五日 »

2005年12月25日 (日)

日誌十二月二十四日

午前中、お世話になってゐる方のお見舞ひ。

午後から、書状作成、年賀状作成。深夜まで。

東京MXテレビの「立川段志の言いたい放題」といふ番組に、東條由布子さんと西部邁氏が出演して、東條英機元総理の自決未遂についての事実関係、そして東條英機氏及び東條家の苦難、さらに、大東亜戦争に意義について語り合ってゐました。

石原慎太郎都知事と佐々淳行氏が、雑誌で、東條氏が『二二口径』の拳銃を自決に使ったのは死ぬ気がなかったからだといふ意味のことを述べたことに対して、両氏が相当厳しく反論してゐました。東條由布子さんは、事実関係を詳しく語られてゐました。

東京MXテレビは東京都が最大出資者であり、事実上、「東京都営テレビ」と言ってよいやうです。また、立川談志氏は石原都知事とはとても親しいやうです。石原知事の意向でこの番組がつくられたのではないかと推測します。石原氏がご自分の発言について反省してゐると解釈して良いやうに思ひます。

石原氏は、昭和天皇・三島由紀夫氏などに関する考へ方には我々とは相容れないところがあります。しかし、今日の日本の政治家の中では、国防・安保・危機管理そして外交問題などで、正当な主張を行ひ、且つ、政治家として精一杯の努力をしてゐることは評価すべきと思ひます。

|

« 日誌十二月二十三日 | トップページ | 日誌十二月二十五日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/7815587

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌十二月二十四日:

« 日誌十二月二十三日 | トップページ | 日誌十二月二十五日 »