« 日誌十月十六日 | トップページ | 日誌十月十八日 »

2005年10月18日 (火)

日誌十月十七日

午後一時半、同志二人と東京都庁に赴く。

夜は、明日の講演準備。

本日、小泉総理が靖國神社に参拝しました。一國の宰相が戦没者慰霊のために靖國神社に参拝することに対して、内外から反対の声があがることくらい不思議なことはありません。また、裁判所で違憲判決が出ることはまことにおかしなことと思ひます。小泉総理はさうしたことを慮ってか、昇殿もせず、手水も使はず、二礼二拍手一拝といふ神道形式の参拝を行ひませんでした。困ったことです。

この問題の根本は、歴史問題と現行占領憲法の「政教分離規定」にあります。そもそも政治権力と教団宗教が一体になることを禁じるといふ政教分離思想は、一神教同士の凄惨なる闘争の歴史を持つ欧米諸國の思想であります。わが國の神社神道は、排他独善の一神教でもないし、教団宗教でもありません。わが國には、西洋のやうな宗教弾圧・宗教戦争の歴史はありません。

むしろ「政教分離」を声高に主張し、総理の靖國参拝に反対してゐる勢力(左翼革命勢力・一部のキリスト教団・創価学会など)こそ、信教の自由を侵害し宗教弾圧を行ふ危険のある排他独善思想を持つ勢力であります。共産國家には信教の自由はありません。キリスト教はこれまで宗教戦争を繰り広げてきました。創価学会は他の宗教をすべて邪教と罵ってゐます。

神社神道ほど平和的な宗教はありません。また靖國神社には昭和殉難者は祀られてゐても戦争犯罪人は祀られてゐません。

|

« 日誌十月十六日 | トップページ | 日誌十月十八日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/6450763

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌十月十七日:

« 日誌十月十六日 | トップページ | 日誌十月十八日 »