« 日誌十月十八日 | トップページ | 日誌十月二十日 »

2005年10月20日 (木)

日誌十月十九日

午後二時より、ある会合にて講演。小泉総理の靖国神社参拝について話しました。

午後七時より、南大塚社会教育会館にて、「萬葉古代史研究会」開催。作者未詳歌について講義。

今週は忙しい日が続いております。

反日思想あるいは反日感情の持ち主は、何も共産支那や朝鮮半島にゐる人に限りません。日本人として生まれ、日本国籍を持ち、日本人の血が流れてゐる人にもゐるのです。日本国民でありながら、日本の歴史を悪く悪く解釈し、祖国を蔑み呪ふことに生甲斐を感じてゐるやうな人がゐます。

日本の歴史にも反省すべきことがあるのはいふまでもありません。しかし、自分の祖国の欠点のみをあげつらふ人の心根を理解することは、小生にはできません。さういふ人は日本人たることをやめて、どこかよその国に国籍を移すべきではないでせうか。

|

« 日誌十月十八日 | トップページ | 日誌十月二十日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/6480156

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌十月十九日:

« 日誌十月十八日 | トップページ | 日誌十月二十日 »