« 日誌九月十二日 | トップページ | 日誌九月十四日 »

2005年9月14日 (水)

日誌九月十三日

午後は、資料整理。書状作成。

夜は、十五日の『萬葉會』講義準備。

国会質問などにおける岡田代表・仙石政調会長のあまりにも共産支那寄りの姿勢を思ひ出すと、民主党が大敗して良かったと思ひます。

国防・安保・外交・歴史問題で、対立する国の側に立ち、自国政府を攻撃することは許されません。民主党の中にも、しっかりとした保守政治家・愛国政治家がゐるだけに、岡田の姿勢は許されません。

小泉氏は、野田毅・河野洋平など総理靖国神社参拝に反対する自民党議員の選挙区にも、対立候補(刺客)を立てたらよかったと思ひます。

|

« 日誌九月十二日 | トップページ | 日誌九月十四日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/5934405

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌九月十三日:

« 日誌九月十二日 | トップページ | 日誌九月十四日 »