« 日誌九月十九日 | トップページ | 日誌九月二十一日 »

2005年9月21日 (水)

日誌九月二十日

終日資料整理。

名前は忘れましたが、当選するなどとは全然思ってゐなかった青年が、当選した後、マスコミの取材に対して、歳費・文書費が高額なことや、鉄道もグリーン車にタダで乗れることなどに対する驚愕の思ひをしゃっべてゐました。これに対して、武部幹事長が『余計なことをしゃべるな』と注意したさうです。森元総理も例によって、他からの批判が出る前にパーティーで批判をしてゐました。

しかし、その新人議員は普通の青年が急に議員になったのですから、普通の青年の感想を素直に話しただけでせう。むしろ微笑ましいことだと私は思ひました。とがめだてする方がおかしいと思ひます。

国会議員は、様々な特権を持ってゐるのですから、それに見合ふだけのことはしてもらわねばなりません。それにしても、議員會館の中や選挙の宣伝カーの中で覚醒剤を吸引してゐた議員がゐたといふのですから国会議員の質の低下はひどいものです。

|

« 日誌九月十九日 | トップページ | 日誌九月二十一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/6041163

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌九月二十日:

« 日誌九月十九日 | トップページ | 日誌九月二十一日 »