« 日誌八月二十六日 | トップページ | 日誌八月二十八日 »

2005年8月28日 (日)

日誌八月二十七日

終日、原稿執筆、書状作成などをして過ごしました。

堀江貴文が、テレビで、「日本は大統領制にした方が良い」と言ってゐました。

とんでもないことを言ふ男です。天皇を君主と仰ぐ日本國體を根底から否定する発言です。

また、どこかの神社で戦勝祈願をしてゐる姿が映ってゐましたが、ニタニタ笑ひながら参拝してゐました。神に対するかしこみの心は全くありませんでした。

こんな男を断じて国会議員にしてはなりません。

また、こんな男を支持し国会議員にしやうとしてゐる小泉と武部の責任も重大です。

日本の国もいよいよおかしくなっていくやうです。何とかしなければなりません。

|

« 日誌八月二十六日 | トップページ | 日誌八月二十八日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/5668542

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌八月二十七日:

« 日誌八月二十六日 | トップページ | 日誌八月二十八日 »