« 日誌八月五日 | トップページ | 日誌八月九日 »

2005年8月 9日 (火)

日誌八月六日・七日・八日

八月六日は、午後三時より、郡山ビューホテルにて、『新樹會研究會』が開催され、渡邊五郎三郎先生の挨拶の後、小生が「日本傳統精神と現代の危機」と題して講演させて頂きました。たいへん盛會でした。

八月七日は、會津若松に赴き、総選挙に出馬する渡部篤福島県会議員事務所を訪問し、渡部篤氏を激励し懇談しました。渡部篤氏は、愛国の士で永年の同志です。同姓で民主党の渡部恒三を相手に苦闘してゐます。

八月八日は、會津若松にて歴史探訪を行ひ、戊辰戦争の悲劇を偲びました。

會津藩家老・西郷頼母の夫人・八重子の歌

「なよ竹の 風にまかする 身ながらも たゆまぬ節の ありとこそ聞け」

は何回読んでも涙が出ます。

いよいよ総選挙です。小泉自民党を支持するわけではありませんが、國體観・歴史観・共産支那への姿勢がまったくおかしい岡田克也・菅直人が主導し、且つ亡国政党だった旧社會党が混入してゐる民主党政権は阻止しなければなりません。

この選挙を機會に、真正保守勢力の結集が実現できればいいと思ひます。

|

« 日誌八月五日 | トップページ | 日誌八月九日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/5372864

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌八月六日・七日・八日:

« 日誌八月五日 | トップページ | 日誌八月九日 »