« 萬葉會 | トップページ | 日誌八月四日 »

2005年8月 4日 (木)

日誌八月三日

昼間は、福島新樹會での講演の準備をしました。

「日本伝統信仰と現代の救済」といふとても大きなテーマを与へられました。

午後六時半より、靖国神社境内で行はれた『野外劇・同期の櫻』(榎本滋民作)を鑑賞しました。

若い俳優たちが熱演してゐました。

この劇は大学生時代『新国劇』で見たことがあります。

「ますらをの かなしきいのち つみかさね つみかさねまもる やまとしまねを」といふ三井甲之の歌を思ひ起こしました。

「上演する会」代表である西村眞悟氏にお会ひしました。

夜の靖国神社境内はとても美しく、感激しました。

|

« 萬葉會 | トップページ | 日誌八月四日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/5302350

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌八月三日:

« 萬葉會 | トップページ | 日誌八月四日 »