« 日誌七月三十日 | トップページ | 日誌八月一日 »

2005年8月 1日 (月)

日誌七月三十一日

午後一時半より、千葉駅前のパルルホールにて、「千葉建国塾第二回シンポジウム」開催。

パネリストは、湯澤貞前靖国神社宮司、小林幸子二宮報徳会会長、小生の三人でした。司会は石戸谷慎吉氏でした。

小生は、日本國體精神・復古即革新・靖国神社遊就館について語らせて頂き尊皇精神が日本の伝統的倫理の根幹である事を強く訴へました。

なかなか活発な論議となりました。

湯澤先生が宮司退任後、色々な場で一生懸命靖国神社について語っておられる姿に敬意を表します。

千葉県の地方議員の方々が数多く参加しておられました。建国塾は、千葉県の真正保守の地方議員及び有志の方々で結成され、千葉県下で活発に活動しているとの事です。

|

« 日誌七月三十日 | トップページ | 日誌八月一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/5253858

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌七月三十一日:

« 日誌七月三十日 | トップページ | 日誌八月一日 »