« 日誌七月十八日 | トップページ | 日誌七月二十日 »

2005年7月20日 (水)

日誌七月十九日

午後、ある會議に出席。

夜は、原稿執筆(靖国神社問題)及び明日の「萬葉集講義」の準備。

郵政民営化で自民党が分裂状態となり、総選挙が行はれ、民主党政権になったら、果たして日本は良くなるでせうか。さうは思へません。岡田克也・菅直人の天皇観・國家観・歴史観は絶対に容認できません。彼ら二人が政権をとったら、いよいよ日本はおかしくなると思ひます。

|

« 日誌七月十八日 | トップページ | 日誌七月二十日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/5059745

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌七月十九日:

« 日誌七月十八日 | トップページ | 日誌七月二十日 »