« 日誌七月二十八日 | トップページ | 日誌七月三十日 »

2005年7月30日 (土)

日誌七月二十九日

終日建国塾シンポの準備及び原稿執筆(「萬葉集を読む」)をしました。

現下日本は、郵政事業のことで国論を二分して争ふやうな状況ではないと思ふのですが、政治家は、何を考へてゐるのでせう。

外交・安保・憲法で、しっかりと議論してもらいたいと思ひます。否、議論だけでなく、正しい方策を確立し実行してもらいたいと思ひます。

平沼赳夫・安倍晋三両氏の動向を見守りたいと思ひます。

|

« 日誌七月二十八日 | トップページ | 日誌七月三十日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/5224721

この記事へのトラックバック一覧です: 日誌七月二十九日:

« 日誌七月二十八日 | トップページ | 日誌七月三十日 »